リクルートグループのサービス

一覧を見る
リクルートグループ
サステナビリティ
ガバナンス

リクルートロゴ・コーポレートメッセージについて

リクルートロゴ、リクルートブランドのメッセージについてご説明します。

リクルートロゴ

リクルートロゴのデザインモチーフ、
それは架け橋(opportunity bridge)です。

私たちは、
"人"と"機会"をつなぐ架け橋となる。
"いま"と"未来"をつなぐ架け橋となる。
"ここ"と"世界"をつなぐ架け橋となる。
そんなメッセージを込めています。

リクルートブランドを一言で表現する2つのメッセージがあります

目指す世界観 FOLLOW YOUR HEART

Follow your heart

直訳すれば、「あなたの心に従おう」。

物質的な豊かさが本当の豊かさではない。ひとりひとりが自分で自分の人生・スタイルを選ぶことが出来る世の中。十人十色、百人百色の自己実現が可能な世の中こそ、豊かな世の中であると、リクルートは考えています。自分の心に従って行動を起こすとき、リクルートはあなたを支える存在でありたいという思いを込めています。

果たす役割 まだ、ここにない、出会い。

まだ、ここにない、出会い。

世の中にはまだ見ぬ世界や可能性が満ち溢れている。このひとりひとりの可能性を信じて、新たな暮らしや人生にまつわるチャンス。豊かなそして楽しい時間、希望、人や仲間と出会うことをリクルートはお手伝いしていきたい。こんな気持ちを、このフレーズに込めました。
リクルートが世の中のために何ができるのかを言葉にしました。

毎月、それぞれの「まだ、ここにない、出会い。」をテーマにした広告を展開しています。コーポレートメッセージ広告は こちら

虹色について

虹色について

リクルートのウェブサイトや広告では、虹色カラーがよく登場します。
虹色で表現しているもの。それは、人はそれぞれ自分のカラーをもっていて、そのカラーはさまざま。生きていく中では、そのときどきで、自分の人生の主人公としてのいろんな思いが出てくるし、ひとりの中でも一色では表現できない。こんな気持ちを受け止めて、その気持ちに向き合ったサービスを提供したいという思いを込めています。
十人十色、百人百色のひとりひとりの架け橋になり、「まだ、ここにない、出会い。」を届けたい。リクルートの気持ちです。

CMでのモーションロゴについて

CMでのモーションロゴについて (2.5秒 317KB)

虹色のラインが登場します

赤や黄、青などさまざまな色のラインが最後に青い架け橋になります。このラインは、ひとりひとりの思いや願い、夢を見立てています。
リクルートが架け橋となり、「まだ、ここにない、出会い。」が待つ未来へとつなぐお手伝いをしたいという思いを、ほんの短い時間のモーションロゴの中でカタチにしています。

人と人の、ハイタッチ!サウンド

CMの最後に登場する「パーン!」というサウンドに気づきましたか?これは、人と人がハイタッチをするときの音です。うれしいとき、楽しいとき、夢が叶ったとき、リクルートはあなたとハイタッチして一緒に喜びあいたいという気持ちを表しました。

PICK UP

Join us on Recruit Social