リクルートグループのサービス

一覧を見る
リクルートグループ
サステナビリティ
ガバナンス

価値創造メカニズム

すべての人が自由で、希望を持てる持続可能な世界の実現に向けて

リクルートグループでは、私たちの掲げる経営理念の実現を目指し、目標とビジョン、それを実現するための戦略、そして競争優位性の源泉となる成長エンジンまでを一体とした「価値創造基盤」のもとで、世の中のさまざまな"不"を解消し、ユーザー・クライアントに新しい価値を提供し続けています。

ビリクルートグループ経営理念の実現

経営理念

私たちは、新しい価値の創造を通じ、社会からの期待に応え、一人ひとりが輝く豊かな世界の実現を目指す。

1960年の創業以来、ユーザー・クライアントに存在する不満、不便、不安といった"不"を解消し、創業以来大事にしてきた「新しい価値の創造」にこだわりながら、より「社会からの期待に応える」という決意を込めて、現在の経営理念を掲げています。

経営理念

長期ビジョンと成長戦略

2030年 人材・販促領域グローバルNo.1
「サービス利用者数No.1」
2020年 人材領域(人材メディア事業、人材派遣事業)グローバルNo.1
「雇用決定者数No.1」

リクルートグループの商品・サービスがそれぞれの業界トップの支持をいただく存在であり続けると同時に、国内だけではなくグローバルに展開することで、これまで以上に新たな「機会」を提供できることを目標にしています。

経営方針

ビジネスモデル

ビジネスモデル

私たちには2つのお客さまが存在します。1つは「ユーザー」、リクルートグループが発信する情報サービスを利用する消費者の方々。もう1つは、情報を発信したい「クライアント」です。私たちは、クライアントとカスタマー、つまり企業と人(B to C)、企業と企業(B to B)、人と人(C to C)、すべての間に立ち、双方にとって最適なマッチングを図る「場」を提供しています。

映像でみるリクルート

企業文化とそれを支える仕組み

企業文化

さまざまなイノベーションを生み出すため、従業員一人ひとりの「起業家精神」「圧倒的な当事者意識」を尊重し、さらに引き出し、「個の可能性に期待し合う場」を提供し続けています。また、これらを有機的に作用させるための組織骨格、人材配置、評価システムの体系化により、独自の企業文化が醸成・維持・強化されています。この企業文化こそが私たちの競争優位を支える源泉です。

映像でみるリクルート

リクルートの企業文化とビジネスモデル

イノベーションを生み出す人づくり

コーポレートガバナンス

リクルートグループは経営理念に基づき、長期的かつ安定的に発展することを目指しています。その実現のためには、ユーザー、クライアント、株主、従業員、取引先、社会、地域等、グループで重要と位置付けている全てのステークホルダーの立場を理解した上で、透明・公正・迅速な意思決定を行うことが必要です。

コーポレートガバナンスはそのために必要な仕組みであり、魅力的な企業として継続的に企業価値を向上させていく上でも不可欠なものと考えています。

コーポレートガバナンス

関連リンク

Join us on Recruit Social