リクルートグループのサービス

一覧を見る
リクルートグループ
サステナビリティ
ガバナンス

Sustainable Story[リクルートグループのCSR]

Opportunities for Life.

チャレンジ2015

ありたい社会の姿の実現に向け
重点テーマをもとに課題解決に挑む

一人ひとりに
合った
就労形態の
創出

スモール
ビジネス支援と
地域魅力の
創出

2015年度リクルートグループ各社のチャレンジはこちらをご覧ください。

STORY01 STORY01

働きたい。そんな想いを抱えている人たちがいます。例えば子育て中の女性。実に170万人が、働きたいのに働けない状況にあるといわれています。彼女たちに、リクルートグループは何ができるのか。人材領域から生まれた私たちが取り組むべき課題です。

労働力人口の減少 解消のために

テーマ 子育てしながら働く女性など一人ひとりに合った自分らしい働き方を選ぶことができる

一人ひとりに合った就労形態の創出

重点テーマ

  • 働く機会を創り、輝く人を増やす。
  • 時代に合う働き方を自ら実践し広める。

フォーカスした社会課題 労働力人口の減少

日本の労働力人口減少
日本の労働力人口は、2014年の6,587万人から、2030年に5,800万人までに減少する見込み
※出典 : 労働力需給の推計 ― 新たな全国推計(2015年版)を踏まえた都道府県別試算― ゼロ成長・労働参加現状シナリオより抜粋(労働政策研究・研修機構)
働きたいのに働けない子育て中の女性170万人
働きたいという意思を持ちながらも働けていない
育児中の女性の数は170万人
※出典 : 平成24年就業構造基本調査結果(総務省 統計局)
日本の男女格差101位
「ジェンダー・ギャップ指数」調査対象145カ国のうち日本は101位
※出典 : The Global Gender Gap Report 2015(World Economic Forum)
  • STORY 1 [一人ひとりに合った就労形態の創出]きっと見つかる わたしに合った働き方
  • STORY 1[一人ひとりに合った就労形態の創出]働き方変革と女性活躍の推進

STORY02 STORY02

日本が元気になる。それは地域が元気になることにより実現するのではないでしょうか。日本の企業のうち99.7%を占める中小企業への支援が地域経済の活性化、そして日本の未来につながると信じて。スモールビジネスの起業や採用、地域魅力の創出を応援します。

地域経済の不活性 解消のために

テーマ 地域それぞれが持つ特性を活かした起業・採用・集客を容易にすることで
地域を元気にすることができる

重点テーマ

  • 多様な生き方・暮らし方を支援する。

フォーカスした社会課題 地方経済の不活性

日本の中小企業99.7%
日本の企業のうち、資本金3億円以下従業員数300人以下の中小企業は380.9万社で99.7%
※出典 : 2016年版 中小企業白書概要(経済産業省 中小企業庁 調査室)
中小企業の労働生産性低い
日本の労働力のうち約7割を占める中小企業の労働生産性の平均値は、大企業における労働生産性の平均値を下回っている
※出典 : 2016年版 中小企業白書 第2部第2節 労働生産性の現状(経済産業省 中小企業庁 調査室)
首都圏の人口比率約30%
日本の首都圏への人口集中を欧米諸国と比較すると、首都圏の人口比率が高くかつ上昇を続けている
※出典 : 東京一極集中の状況等について(国土交通省)
  • STORY 2[スモールビジネス支援と地域魅力の創出]地域を元気に それが日本の未来へつながる
  • STORY 2[スモールビジネス支援と地域魅力の創出]中小企業で 働く人たちへの応援

STORY03 STORY03

子どもたちを取り巻く環境によって、教育や就労の機会に差が生じているといわれています。学びやキャリアの機会、選択肢が豊かな人生にきっとつがなる。リクルートグループは将来を担うすべての子どもたちの可能性を引き出すための取り組みを続けていきます。

教育格差と就労機会格差 解消のために

テーマ 所得や地域などの環境を超えて
すべての人が教育や就労の機会を得ることができる

重点テーマ

  • 将来を担う人材の可能性を引き出す。

フォーカスした社会課題 教育格差と就労機会格差

保護者年収400万円以下大学進学率31.4%
保護者年収と進学先との相関をみると、400万円以下の場合の大学進学率は31.4%、1,000万円を超える場合の大学進学率は62.4%
※出典 : 高校生の進路追跡調査 第1次報告書(東京大学大学院教育学研究科 大学経営・政策研究センター)
将来に希望がある若者61.6%
将来に希望があると答えた若者は61.6%
自分自身に満足していると答えた若者が45.8%
調査対象7カ国の中で日本は最も低い
※出典 : 平成25年度 我が国と諸外国の若者の意識に関する調査(平成26年6月 内閣府)
OECDのGDPに占める公的教育支出日本は最下位
国内総生産(GDP)に占める学校など教育機関への公的支出について、日本は3.5%で最下位
※出典 : 2012年の加盟各国のGDPに占める学校など教育機関への公的支出(OECD)
  • STORY 3[教育機会の提供と若者の就労支援]すべての子どもたちへ 学びとキャリアの機会を
  • STORY 3[教育機会の提供と若者の就労支援]若者が希望を持てる 社会を目指して

PICK UP

Join us on Recruit Social