リクルートグループのサービス

一覧を見る
リクルートグループ
サステナビリティ
ガバナンス

「NHK × Be a DIVER! 〜LGBTについて考えよう〜」(後編)特化するのではなく、LGBTも当たり前に使えるサービスを目指そう

‘17.Mar.31 Fri

文:徳 瑠里香

13人に1人がセクシュアル・マイノリティだと言われ、注目が集まる「LGBT」。多様な個を理解し、違いを受け入れ、活かすことを体感する機会を作ってきた、リクルートのダイバーシティ推進プロジェクト「Be a DIVER!」では、「LGBT」をテーマに、その現状を知り、リクルートとして何ができるかを考えました。

前編では、LGBTの取材を続けてきた日本放送協会(NHK)「ハートネットTV」の制作陣に現場で感じたことを、世界の人権問題解決に取り組む国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチに日本と世界の潮流について伺いました。

続く後編では、企業向けにLGBTの研修やマーケティング・リサーチサービスを提供する(株)Letibee取締役の外山雄太さんと、紙面上でLGBTカスタマーの結婚式情報を取り上げているゼクシィPremierの編集長・今西裕子さんに話を伺いました。

その後、参加した従業員はダイバーとなって、多様性の海へと潜りました。さて、多様性の海の中でどんな気づきと出会ったのでしょうか。

※本レポートの内容はイベント開催時の2016年5月26日に基づきます。

性差をなくすのではなく、性差に敏感になろう

−− 外山さんには「LGBTの社外のサービスにおけるポイント」についてお話をお伺いします。

外山雄太(以下、外山) 僕自身がゲイの当事者で、高校時代に大失恋をしたことが原体験となり今があります。

「ジェンダーフリーではなく、ジェンダーセンシティブを」。これがまず、みなさんに持っていただきたいマインドです。その言葉の違いは、ジェンダーフリーは「性差をなくして同じように対応しよう」という考え方で、ジェンダーセンシティブは「性差に対して敏感になろう」という考え方です。性差は、肉体的なものだけではなく、たとえば「男はこう、女はこう」という固定観念的な見方など、社会から与えられるものにもあります。性差に常に配慮しながらサービスなどを作っていく、という精神を持っていただきたいのです。

僕らは、企業のLGBT導入に関して3つのステップを用意しています。

一つ目は、意識改革・知識改革です。トイレは男女別、男は女を好きになる、などみなさんが当たり前のように受け入れている男女二元論は、社会の中でインストールされた一つの価値観にすぎません。研修を受講したり、書籍を読んだりして、その意識を変えていくことが第一のステップになります。

二つ目に社内環境を整え、支援体制を確立します。たとえば採用におけるエントリーシートの対応や福利厚生において、性自認や性的指向によって差別しない。トランスジェンダーが性別移行をしたいときにどうサポートするかなども含まれます。

三つ目が外部に向けた広報活動です。LGBTメディアに広告を出向する、イベントに協賛をするなどが挙げられます。ここでは差別を強化しない、適切なメッセージを発信していくことがより重要となります。

"理解したつもり"が一番怖い。無意識の偏見に気づくことから

では、LGBTにアプローチする中で、どんな視点を持たなければならないのか。五つの視点についてお話をします。

一つ目は、「LGBTそれぞれの視点に寄り添った困難を理解しよう」ということ。たとえばある生命保険会社さんは、2年ほど当事者へのインタビューを行い、その困難を理解した上で、従来は二親等以内にしか指定できなかった生命保険の受取人を、2015年から同性のパートナーにも指定できるようにしました。

"理解したつもり"が一番怖いんです。「偏見はないので、私は大丈夫」というスタンスこそ、扉が閉まっているような気がします。Unconscious bias(アンコンシャス・バイアス、無意識の偏見と私たちは呼んでいます)は、必ずあります。それは当たり前のことだと思うんです。その無意識の偏見を認識するところから始めていかなければならないのだと思います。

二つ目は「男女二元論から解放されよう」ということ。セクシャリティはグラデーションで、男か女かだけで語れるものではありません。男はこうあるべき、女はこうあるべき、という考え方は生きづらさを生んでしまいます。もっといろんな性のあり方や生き方があっていい。たとえばアメリカ版のFacebookでは、登録時に50以上の性別から自分にぴったりの性別を選択できます。そういう男女二元論から解放された考え方があるのです。

三つ目は「アウティングをしないように配慮しよう」という視点です。アウティングとは、たとえば「あの人ゲイだよ」と第三者にバラすこと。これはプライバシーの問題にもなりますが、当事者はさらに敏感です。たとえばLGBTのカップルが結婚式を挙げたとして、その写真をSNSにアップしていいかどうかは必ず確認しましょう。また、結婚式における招待状などの送り先にも配慮が必要です。例えば男性同士の名前が書かれた招待状を実家に郵送し、第三者に知られてしまうこともあるからです。

四つ目は、「LGBTに特化するのではなく、LGBTも当たり前に使えるサービスを目指そう」ということ。ゼクシィPremierさんは、LGBTが注目を集める前から、毎回5組のカップルを紹介する企画の中で、自然と同性カップルも取り上げており、当事者間でも話題になっていました。また、ある携帯会社では一緒に住んでいることが証明できれば同性パートナーでも「家族割」が適用され、そのハードルが低いため、とても好評です。

最後は、「意思を持ってワードを選択しよう」ということです。意味を考えながら言葉を選択するのは難しいことだけれど、言葉を変えることで意識が変わっていくのでその価値は高いと思います。たとえば「ホモ」や「オカマ」、「レズ」は差別用語として認識されているため、使うことは好ましくありません。本来差別的な言葉ではなくても、差別的な意味合いをもって使用された歴史があると、差別用語として認識されることもあります。ただ、個別の呼称に正解は無くて、結局は個人間の関係性だとも思います。

あるブライダル企業と仕事をさせていただいたときに、プランナーの方が「普通のカップル」という言葉を使っていたんです。「異性のカップルを普通とすると、同性カップルは普通じゃないのか?」という疑問を持ちました。言葉一つで壁を作ってしまうこともあるのです。

また、「トランスジェンダーと性同一性障害」という言葉は全く性質が違うものです。トランスジェンダーは、自分の身体に対して性自認をどう捉えているかという言葉で、性同一性障害は、医療側から治療することを前提につけられた医学名称です。世界的には性的マイノリティは障害ではないという考え方が広がっています。

以上の五つの視点を持って、サービスやプロダクトを生み出していってもらえたらと思います。

発信者としての葛藤。「LGBTだから」という視点を捨てた先に見えたもの

---- 最後に、ゼクシィPremierの編集長・今西さんに、取り組みやその反響についてお聞きします。

今西裕子(以下、今西) ゼクシィPremierは33歳以上の花嫁さんに向けた雑誌で"ゼクシィの大人版"とも呼ばれています。前編集長が2014年に意思を持ってLGBTの結婚式を取り上げました。私自身は当時産休中で、復帰すると同時に編集長になったのですが、その頃にはLGBTカスタマーへの企画が進んでいて、正直、どう捉えればいいのかわからなくて悩みました。私自身、誰かを傷つけてしまうような表現に気づけない気がして、発信者として自信を持つことができず、実はLGBTカスタマーの情報を取り扱わないようにしようと思ったこともありました。

そんな葛藤の最中に、LGBTの方から「結婚式は絶対にできないと思っていたけれど、やっていいんだと思えた」という手紙が何通も届いたんです。そのときに、私の仕事は、LGBTだから取り上げる、取り上げないという選択をすることではなく、いろんなスタイルの結婚式を取り上げ、選択肢を広げることだ、ということに気づいたんです。

世界中の素敵な結婚式を取り上げる中で、自然にLGBTのカップルが入っている、という世界がベストだと考えました。時にはLGBTのカップルが含まれないこともありますが、「素敵なスタイルのカップルを紹介する」というのが、今私が大事にしている軸です。

以上のインスピレーショントークで得た気づきを持ち寄り、参加した従業員はダイバーとなって"多様性の海"へと潜っていきます。社内のコミュニケーションや環境づくり、サービス提案において、個人そしてリクルートとしてできることについて、肩書きや立場にとらわれず、さまざまな意見を交換し合いました。そしてダイバーたちは新たな気づきを得て、陸に上がりました。

「Be a DIVER!」は、一人ひとりの個性、ライフステージ、考え方が相互に刺激し合い多様性が輝く、ワクワクする場づくりを推進していきます。

ダイバーシティはみんなのもの。世界はまだ見ぬ可能性にあふれています。

CONTACT

株式会社リクルートホールディングス
ソーシャルエンタープライズ推進室
ダイバーシティ推進グループ
ダイバーシティfor ALL事務局

お問い合わせはこちら

PICK UP

Join us on Recruit Social