リクルートグループのサービス

一覧を見る
リクルートグループ
サステナビリティ
ガバナンス

Sustainable Story[リクルートグループのCSR]

Opportunities for Life.

トピックス ~HELPMAN JAPAN~

日本の福祉・介護業界の魅力や可能性を発信 

介護業界の人材不足を解消するために、介護事業者、講談社の漫画『ヘルプマン!』、そしてリクルートキャリアの3者がタッグを組んでスタートしたプロジェクト『HELPMAN JAPAN』。その目的は介護業界の就業人口を増やすことです。そのために、介護業界の正しいイメージ発信と定着率アップのためのノウハウを提供しています。プロジェクトでは介護業界に対する正しい理解を促進し、業界が持つ可能性や介護職の魅力について広く情報提供をしています。結果、介護業界へのエントリー人数は順調に増加。今後さらに介護業界を就職の選択肢にする人を増やすべく、プロジェクトは今も続いています。

HELPMAN JAPAN

トピックス ~社会課題解決に取り組む 留職プログラムDive!~

社会の課題や矛盾に向き合い、解決に取り組む

社会課題の解決に取り組むNPO法人等に社員が約6週間赴き、現地団体とともに社会で現実に起きている課題や矛盾に対して、正面から向き合い、その課題をわが事として捉え解決に取り組むプログラムです。NPO法人クロスフィールズのサポートのもと、リレー形式で6週間ずつ活動団体先へ赴き、業務に携わります。2014年度は3名の社員が祐ホームクリニック石巻(宮城県石巻市で自宅で療養生活を送りたいという希望をもつ、被災地で独居している高齢者に官民が連携し、新たな仕組みで在宅医療のみならず生活支援を行っている医療法人)へ留職を行いました。

トピックス ~キッザニアへのスポンサード~

未来を担うこども達に、「働く」を考えるきっかけを

こども達が興味のある仕事にチャレンジして楽しみながら「働く」ことを学べる職業・社会体験施設「キッザニア」のオフィシャルスポンサーとして<おしごと相談センター>を出展しています。<おしごと相談センター>ではスーパーバイザーが、キッザニアの街でどんな体験をしたいのか迷っているこども達の相談に乗り、様々な職業を案内します。また、こども自身がキッザニアで体験したアクティビティについて「おしごと紹介レポート」を書き、他のこども達にお勧めするという「おしごとライター」として働くことができます。キッザニア体験を通して、こども達が世の中にどんな仕事があるのか、自分のやりたいことは何なのか、仕事をすることについてなど「働く」ことを考えるきっかけとなればと願っています。

社長メッセージ

人がもっと生かされている社会をつくりたい

今、経営者の悩みの種の多くは、「人材」が占めています。 これから先、企業の生き残りをかけた人材獲得競争が激化します。働く個人は、本当に自分らしく活躍できるキャリアの選択肢を渇望します。今時点の就・転職先の提示といった限定的なマッチングではなく、企業であれば本当に活躍できる人材の採用を通して、個人であれば65歳までの長い時間を通して、双方が最大限に幸せになれる可能性を提示していくのが、私たちの使命と考えます。日本経済のためにも、「人材」が経営のボトルネックになってはならない。今ほど人材ビジネスのあり方が世の中から問われ、期待されている時期はないと思っています。グローバル、都市/地域間、中高年層、若年層などに対する日本の労働市場のあり方をめぐる諸問題が解決できるかどうか、従業員一人ひとりが、「なくてはならない存在」を目指すことによって成し得ると信じます。社員募集領域における人材採用広告事業/斡旋事業/選考支援事業、それぞれで磨いてきた手法を超えて、「社会になくてはならない存在」を目指します。

リクルートキャリア
代表取締役社長 柳川 昌紀

リクルートキャリアのCSR

ハイライトを見る

関連サイト

PICK UP

Join us on Recruit Social