リクルートグループのサービス

一覧を見る
リクルートグループ
サステナビリティ
ガバナンス

Sustainable Story[リクルートグループのCSR]

Opportunities for Life.

リクルートマネジメントソリューションズのCSR

トピックス ~「2030年の『働く』を考える」プロジェクト~

すでに起こっている未来と向き合い、私たちの「働く」を考える

リクルートマネジメントソリューションズの研究機関である組織行動研究所では、「2030年の『働く』を考える」プロジェクトを立ち上げ、企業の人事担当者や働く個人に向けて、未来の「働く」に関わる情報の収集・発信活動を始めています。専用サイトでは2030年に焦点をあてた調査や研究を掲載、またシンポジウム等を主催し企業の方と議論を深めたり有識者との意見交換を行うことを通じて未来の「働く」をこれからも考えていきたいと思っています。将来のキャリア、そして自社の人事施策を考える際の参考にしていただけたら幸いです。

2030年の「働く」を考える −2030 Work Style Project−

トピックス ~環境保全活動~

環境に配慮した印刷と事務用品のリユース

リクルートマネジメントソリューションズでは、研修ハンドブック・商品パンフレットなどの印刷には植物油インキを使用し、用紙にはFSC森林認証を受けた原材料で作られたものを使用するようにしています。
また、リユース可能な事務用品は、社員が自主的にリユースコーナーに持ち寄り、繰り返し使ったり、研修備品・資料を丁寧に検品して未使用のまま破棄される資料を減らしたりすることで、資源の節約に努めています。

社長メッセージ

多様な個性が、企業の可能性を拡げていく

国内外の事業環境が厳しさを増すなか、あらゆる経営資産を活かして事業の競争優位を築いていくことが、これまでよりも強く求められています。私達のブランドスローガン「個と組織を生かす」の根底にあるのは、様々な個性を持つ個人の可能性と、その力が統合的・相乗的に発揮される組織の大きな力を信じること。企業の経営資産のなかで、限りない可能性を持つ人と組織が、年齢や性別、国籍などにとらわれることなく力を発揮できるよう支援していくことが我々の使命と考えています。人と組織の力が最大の優位だと言っていただける会社を一社でも多く、そして働く一人ひとりが仕事に対して誇りと面白さを感じ、変化に向けて踏み出す勇気と力を持てる「個と組織が生きる」社会の実現に向けて貢献していきたいと思っています。

リクルートマネジメント
ソリューションズ
代表取締役社長 奥本 英宏

リクルートマネジメントソリューションズのCSR

ハイライトを見る

PICK UP

Join us on Recruit Social