リクルートグループのサービス

一覧を見る
リクルートグループ
サステナビリティ
ガバナンス

Sustainable Story[リクルートグループのCSR]

Opportunities for Life.

リクルートマネジメントソリューションズのCSR

重点テーマ時代にあう働き方を自ら実践し広める。

企業で働く女性の活躍を支援し、企業成長につなげていくために

慣れ親しんできたルールを変える挑戦に伴走していただいています

イオン株式会社
ダイバーシティ推進室長 田中 咲 様

2013年5月、グループCEOの岡田が株主総会において、ダイバーシティ経営の一環として、女性管理職の比率を2020年に50%へ引き上げると決意表明しました。その実現に向けた阻害要因の1つが「働き方」。これまで私たちは小売業ならではの仕事の仕方、働き方をルールとして継続してきました。しかし、社会環境やお客さまの価値観、働く方々の価値観が大きく変化する中で、これまでと同じやり方を続けることはダイバーシティ推進を阻害するだけでなく、企業の存続・発展にとって大きなリスクになります。リクルートマネジメントソリューションズさんには、私たちにとっては当たり前であったルールを壊し、新しいルールや働き方をつくるために、イオンと違った角度から見たアイデアや助言をいただくなど共に歩んでもらっています。

事業・取り組み概要 ~ダイバーシティ推進コンサルティング~

長年にわたるHRM、組織開発、人材開発の知見を生かし、企業のダイバーシティ推進を支援します。女性活躍推進支援では、女性個人の支援に加え、その上司の意識やマネジメント改革、ひいては組織全体の働き方改革の実行支援を行います。

多様で柔軟な働き方への変化が、いま求められている

少子高齢化が加速し、労働力が減少するなか、多様な働き方、なかでも「女性の力」を活かすことは国の最重要課題のひとつです。しかし働く女性の多くが出産を機に離職し、女性管理職比率は年々高まっているものの課長以上では1割に満たないという現状を捉えても、男性中心の長時間勤務を前提にした働き方がまだまだ主流であることが伺えます。企業においては、社員それぞれのライフスタイルに応じた多様な働き方を受け入れ活かす、マネジメント力の向上が求められています。

役職別管理職に占める女性割合の推移

資料出所:「賃金構造基本統計調査」(厚生労働省)

2015年度の結果

女性活躍推進コンサルティングサービス含むダイバーシティ経営推進ご支援企業数は160社強。

2016年度のチャレンジ

前年度以上のダイバーシティ経営推進を支援致します。

働く個人と組織を生かすダイバーシティ経営をお客様と一緒に実現していきたい

男女雇用機会均等法が改正されて約20年経ちますが、多くの女性が男性同様に活躍できる環境は、まだまだ整っていません。しかし近年、ダイバーシティ推進・女性活躍推進に本気で取り組む企業様が増えてきました。私たちは52年にわたり組織人事領域で培ってきた豊富な知見を活かし、ダイバーシティのためのダイバーシティ施策ではなく、経営戦略と接続させた組織人事戦略の中で、本当に働く個人と組織を生かすダイバーシティ推進とは何かを、お客様と一緒に真剣に考え、施策検討から実行支援まで伴走し、ご支援しています。これらの活動を認めていただき、経産省主催の「ダイバーシティ経営企業100選・促進事業表彰」に選出いただいたことを、とても嬉しく思います。また私たちが企業様の本気度にお応えする上で大切にしている、私たち自身が新しい働き方を試行する存在であることも、テレワーク推進協会「優秀賞」として評価いただきました。これからもお客様以上にお客様の会社を思い、お客様と一緒に新しい働き方、新しいマネジメントをつくっていくことで、属性に関係なく個々人の能力を発揮できる社会や、仕事の成果を出すための多様な働き方を実現していきたいと考えています。

コンサルティング部 1グループ
シニアコンサルタント
武藤 久美子

リクルートマネジメントソリューションズのCSR

トピックス・社長メッセージを見る

PICK UP

Join us on Recruit Social