リクルートグループのサービス

一覧を見る
リクルートグループ
サステナビリティ
ガバナンス

Sustainable Story[リクルートグループのCSR]

Opportunities for Life.

スタッフサービス・ホールディングスのCSR

重点テーマ1働く機会を創り、輝く人を増やす。

介護する人も、される人も、どちらの負担も軽減するために

「あなたがいてくれてうれしい。」そんな言葉をもらえる仕事って、なかなか無いと思う。

スタッフサービスメディカル事業本部
常用型派遣/介護スタッフ 岩佐 英晃

介護の仕事をしている知人の話を聞いたことがきっかけで、この道を選びました。常用型派遣なのでスタッフサービスに安定的に雇用されることが魅力でした。色々な介護や施設を経験できるという圧倒的な強みになるので。現在、入社2年目。デイサービスの仕事を担当しています。実際に働いてみて、それは本当に利用者さんのためになっているか? 優しさの押し売りになっていないか? と自問しながら、介護という仕事の奥深さを、日々感じています。「岩佐さんがいてくれてうれしい」。そんな言葉をいただけるこの仕事を、誇りに思います。

スタッフサービス・メディカル

看護・医療・介護の分野に特化した人材総合サービス。「3年間で介護のプロ」を目指し充実の資格取得支援。子連れの方向けにキッズスペース付の登録会実施や短時間での勤務条件などママやシニアの「働きたい」も支援する。

増える「介護を必要とする人」、不足する「介護する人」

日本社会は既に4人に一人が高齢者という超高齢化社会を迎えています。高齢化が加速するなか、2025年には介護を必要とする人の数は700万人に上ると推計されています。その一方で、介護士は100万人不足が予測されている...。
国の重要課題のひとつでありながら、広がり続ける介護人材の需給ギャップに対する有効な手立てが打ち出されていないなかで、介護業界で働く人のすそ野を拡げ就労に伴走することで、イキイキと働く人を増やしていくことに貢献できると考えています。この実現のため、今まで未経験や無資格だからと働くことを躊躇っていた方々に対し、独自の研修プログラムで資格取得を援助しております。また、資格はあっても時間に制約があり働くことを諦めていた主婦の方々向けには短時間での勤務が可能な職場の紹介など、介護領域で働きたい人の支援とともに介護施設の人材不足の解消に貢献していきます。

介護職員の過不足状況

資料出所:「事業所における介護労働実態調査及び介護労働者の就業実態と就業意識調査 」(財団法人 介護労働安定センター)

2015年度の結果

2015年度 新規8オフィスを開設(計36都道府県63オフィス)。キャリアプランに沿った就業形態を選び、介護職として2,374人が就業開始しました。

2016年度のチャレンジ

2017年度までに新たに約4,000人に介護職として働いて頂くための機会やより地域に密着した職場環境を整備。41都道府県70拠点を目指していきます。

「優しさ」でこの国を支えるための基盤の仕組みとなりたい

介護が必要な人が増える日本において、介護を支える人が不足している事態をどうしたらいいのか。私はその一つの答えが「派遣スタッフとして介護を支えるという新しい働き方」だと信じています。例えば、派遣という特性を生かして、働く人が職場を変えることで、気持ちをリセットしていただきながら長く介護業界で働いていただく。例えば、就職した先の介護事業所が合わず退職した方でも、介護業界は離れずに業界の中で仕事を続ける仕組みとして当事業を活用いただく。そうして介護業界でイキイキと働く人を増やしたい。だからこそスタッフに仕事を紹介するに留まらず、働いている間も丁寧に伴走し、気持ちの変化に寄り添いながらサポートし続けることをとても大切にしています。また、子連れでお越しいただけるスタッフ登録会を開催したり、主婦やシニアの方にとって働きやすい短時間での業務の切り出しを行ったりするなど、働くことをためらっていた方の就労支援も積極的に行っています。
地域によって"介護観"は異なります。今後さらに事業拠点を拡大していく中、介護観に柔軟に対応したサービスを届け、「優しさ」でこの国を支えるための基盤の仕組みとなりたいと強く思っています。

メディカル事業本部 営業企画部
ゼネラルマネージャー
関 尚毅

スタッフサービス・ホールディングスのCSR

トピックス・社長メッセージを見る

PICK UP

Join us on Recruit Social