リクルートグループのサービス

一覧を見る
リクルートグループ
サステナビリティ
ガバナンス

Sustainable Story[リクルートグループのCSR]

Opportunities for Life.

ステークホルダーダイアログを開催しました

‘14.10.09 Thu

マネジメント、組織統治、リクルートホールディングス

リクルートグループでは、2013年度にCSR方針、重点テーマの設定を行い、社会の期待に応え、企業市民としての責任を果たしながらも、社会課題解決に大きく貢献できる「事業」を通じた取り組みを中心に置くことを行動指針として掲げました。

初年度となる今年、「事業」を通じた取り組みをグループ各社がそれぞれの領域でどう展開し、どう開示していくか、について外部有識者と社内幹部によるダイアログを開催いたしました。

社外有識者の方との対話を通じて、自社に抜けている視点や新しい考え方を学び、視野を広げて更なる活動の進化につなげていくことを目的としています。

実施日
2014年6月30日(月) 14時~17時

ご参加いただいた社外有識者の皆様(50音順)
株式会社日本総研創発戦略センター  足達 英一郎氏
武田薬品工業株式会社 金田晃一氏
キリン株式会社 栗原邦夫氏

社内参加者:
CSR担当取締役
国内事業統括担当執行役員
経営企画室長
ワークス研究所所長
ソーシャルエンタープライズ推進室長
事業会社執行役員

当日は、国内事業各社から、現在の「事業」を通じたCSRの取り組み共有を行い、情報開示のあり方、「事業」そのものの誠実さの重要性、多様なステークホルダーとの関係作り、など、様々な角度からのご助言を頂きました。目標や成果だけではなく共感できるストーリーでの開示の重要性、誠実な姿勢の重要性、戦略的な仲間づくりなど、頂いた様々な視点からのアドバイスを今後の活動に活かして参ります。

Join us on Recruit Social