リクルートグループのサービス

一覧を見る
リクルートグループ
サステナビリティ
ガバナンス

Sustainable Story[リクルートグループのCSR]

Opportunities for Life.

きっと見つかる わたしに合った働き方 【STORY1一人ひとりに合った就労形態の創出】

‘16.09.29 Thu

『iction!』の一環で展開する家事代行サービス『カジアル』スタッフとして働く清水さん。
「仕事内容がお掃除なので、主婦としてのこだわりも活かして働けるので嬉しいです」

■ 労働力人口の減少の中で日本ができること

世界では人口増が課題になっている一方で、日本は少子高齢化による労働力人口の減少が課題となっており、2014年の6,587万人から、2030年に5,800万人までに減少する見込みです※1。
それにも関わらず、女性の労働力率は、結婚・出産期に当たる年代に一旦低下し、育児が落ち着いた時期に再び上昇するという、いわゆるM字カーブを描くことが知られています。私たちが着目したのは、働きたいという意思を持ちながらも、働けていない育児中の女性が170万人もいるという事実です※2。一人ひとりのライフスタイルに合った多様な働き方を創り出すことで、子育てしながら働きやすい社会を築いていくことができないでしょうか。

※1 出典:労働力需給の推計 ―新たな全国推計(2015年版)を踏まえた都道府県別試算―ゼロ成長・労働参加現状シナリオより抜粋(労働政策研究・研修機構)
※2 出典:平成24年就業構造基本調査結果(総務省 統計局)

■ 子育てしながら働きやすい世の中を

リクルートグループでは2015年7月に「子育てしながら働きやすい世の中を、共に創る」をキーワードとした『iction! (イクション)』プロジェクトを立ち上げ、調査から導いた3つの課題「妊娠・出産で辞めなくてすむ」「育児と仕事の両立によるストレスを減らす」「無理なく始められる仕事をつくる」の解決に向け、活動を開始しました。

■ 無理なく安心して仕事を始められるように

妊娠・出産を理由に仕事を離れた女性は、再就職の際に「子どもが幼稚園にいる間だけ働きたい」「家の近くで働きたい」といった多様なニーズを持っています。
また、一度働くことを辞めて仕事から離れたがゆえに、「ブランクがあるけれど、スムーズに仕事復帰できるだろうか」と不安を抱く方が多いこともわかりました。リクルートジョブズでは、主婦の方の「働きたくても働けない」不安の声を集めながら、子育て中の方が安心して働き始められる「家の近くで短時間でも働ける」「主婦が活躍している」「扶養範囲内で働ける」など選択肢に対応した仕事を多くの企業とともに創り出し、全国の『タウンワーク』の「主婦・主夫歓迎のシゴト特集」の中で毎週紹介しています。私たちは多様な「働きたい」を叶えるアクションを創り続けていきます。

■ 不安がいっぱいの職場復帰を応援

妊娠・出産後も働き続ける女性にとって職場復帰は不安なものです。「自分が出産する時に、こんな情報が欲しかった!」という100人を超えるワーキングマザーの切実な声を集め、妊娠がわかったときから職場復帰までをナビゲーションするアプリ『カムバ!』をリリースしました。企画設計においては、中小企業の両立支援を手掛けるNPO法人Arrow Arrowと協働。先輩ママの「体験談」やパートナーと共有できる「やることリスト」など、働いているからこそ知りたい出産や両立に関する情報を多く掲載。2016年2月のリリースから2カ月間でダウンロード数は8,800件にのぼりました。

PICK UP

Join us on Recruit Social