リクルートグループのサービス

一覧を見る
リクルートグループ
サステナビリティ
ガバナンス

Sustainable Story[リクルートグループのCSR]

Opportunities for Life.

ダイバーシティの推進

ダイバーシティの方針 - 「個の尊重」の実現に向けて

リクルートグループでは、経営理念である「個の尊重」の実現に向けて、まずは男女の性差なく従業員一人ひとりが能力を余すことなく発揮できることが重要であると考えています。
そこで、従業員の約4割以上を占める女性の活躍推進を中心に、さまざまなダイバーシティ推進の活動を進めています。

当初は労働環境の改善に取り組み、2007年からは事業所内保育園の設置等、育児との"両立支援"をテーマとし、安定的に働ける環境整備を進めてきました。
2010年からは"両立支援"に加え、管理職等、経営の意思決定層に女性を任用する"活躍支援"を重点テーマとし、2012年からは女性管理職の任用目標を設定しています。
そして2015年からは、男女関わらず個のさらなる成長と、それによる新しい価値の創造を目指し、リモートワークの導入など、本格的なワークスタイルイノベーションに着手しています。
また、2012年10月のガバナンス体制の変更後は、これまでリクルートが取り組んできた各種施策をグループ横断で展開するとともに、各社で自律的なダイバーシティの推進に取り組むなど、グループとしての推進体制構築に努めています。

女性管理職の任用目標の設定

2012年9月、「リクルートグループの国内主要企業において、経営の意思決定に関与(執行役員あるいは同等の権限を保有)している女性比率を『2015年4月までに10%以上』とする」任用目標を設定し、2015年4月に達成しました。2017年4月時点の女性比率は12.8%となっています。

また、2015年以降の中期目標として「リクルートグループの国内主要企業11社において、女性課長比率を『2018年4月までに30%以上』とする」任用目標を設定しました。2016年4月の実績は24.4%、2017年4月の実績は27.0%となっています。

なお、役職別の任用実績は下記のように推移しています。

※1.2012年度までは、株式会社リクルート単体、2013年度以降は事業会社7社・機能会社3社、HD合計の4月時点実績数値
※2.役員相当とは、2012年度までは株式会社リクルートの執行役員以上、2013年度以降は主要企業の役員または同等の権限を保有している事業会社の執行役員相当以上の職位を対象

グループ全体で取り組むダイバーシティ施策

リクルートグループ横断で実施している施策を紹介します。

女性経営者育成プログラム「Women's Leadership Program」

2012年のグループ内調査で、男性の約7割がより高い役職を志望しているのに対し、女性は約4割と差がある結果が出ました。その結果を受け、女性経営人材の育成を進めるリクルートグループでは、2013年度から経営幹部候補の女性従業員を対象にリーダーシップ研修「Women's Leadership Program」を開始しました。
この研修は、「自分が成し遂げたいこと」を言語化し、そこにおける自らのリーダーシップのあり方を模索することで、リーダーとしての意識と自覚を持ってもらうことを目的に実施しています。約半年間の研修の最後には経営陣に対してプレゼンテーションも行い、研修後、多くの参加者が自身の変化を実感しています。 2013年度の開始から、100名以上の女性従業員が参加しており、2017年度も継続実施しています。

過去の実施報告は、こちらをご覧ください。

女性従業員とその上司に向けたキャリア開発・マネジメント研修「Career Cafe 28/Career Cafe 28 BOSS」

今後ライフイベントの節目を迎える女性従業員を対象に、自らの強みや今後のキャリアを考えるキャリア構築支援の研修を、その上長を対象にマネジメント研修を実施しています。(参加は任意)
女性従業員向けの「Career Cafe 28」は、2016年度は約120名が参加し、自分の強みを把握し、伸ばしていくことで、自らの市場価値を高め、いつライフイベントが起こっても自分らしく活躍できる選択肢を増やす方法について、外部講師や先輩社員から学びました。「将来のキャリアに対する不安を解消できた」など、自身のキャリアを前向きに考えるきっかけになっています。
また、その上長に向けての「Career Cafe 28 BOSS」は、2016年度は約210名が参加し、女性メンバーの成長を加速させるために現場で実践できるマネジメントについて、女性活躍推進の意義や、脳科学の観点を踏まえた効果的なコミュニケーション手法などを学びました。上長からは「女性の能力を引き出すコミュニケーションについて、学んだことをすぐに実践した。マネジメントで大事にすべきことを学べたので全管理職に受けてほしい」など、日々のマネジメントに活かされています。

過去の実施報告は、「Career Cafe 28」は こちら、「Career Cafe 28 BOSS」は こちらをご覧ください。


ダイバーシティ for ALL プロジェクト「Be a DIVER!」

リクルートグループでは、2015年度より一人ひとりが多様な個性を活かし、より力を発揮することを目指すダイバーシティfor ALLプロジェクト「Be a DIVER!」を開始しました。
Be a DIVER!では、女性活躍推進だけでなく、男性の育児と仕事の両立、LGBT、介護、働き方などの多様なテーマについて、社内外のゲストによる講義と対話の場を形成することで、従業員への啓発を促し、多様な人材がより活躍できる環境の構築に寄与していきます。

プロジェクトの詳細や実施レポートはこちらをご覧ください。

グループ各社で進むダイバーシティ

2012年10月の分社化を受け、リクルートグループ国内主要企業※で自律的なダイバーシティの推進を行っています。

国内主要企業における女性管理職任用実績

国内主要企業における2017年4月時点での女性管理職任用実績は下記となります。

社名女性管理職比率
リクルートキャリア 22.1%
リクルートジョブズ 20.8%
スタッフサービス・ホールディングス 20.5%
リクルートスタッフィング 43.6%
リクルート住まいカンパニー 15.1%
リクルートマーケティングパートナーズ 28.7%
リクルートライフスタイル 29.1%
リクルートコミュニケーションズ 29.9%
リクルートアドミニストレーション 38.1%
リクルートテクノロジーズ 10.1%
リクルートホールディングス 21.6%
リクルートグループ女性管理職比率 24.7%

国内主要企業におけるダイバーシティの取組み

リクルートキャリア
「期待」と「成長」のサイクルが持続する組織へ

全ての従業員一人ひとりが「期待され続け」「成長し続ける」ことができる組織づくりを目的に、各種施策を行っています。2016年度には、より多様な働き方への環境整備の第一歩として、リモートワークのフィジビリティスタディの実施、制約のある従業員への在宅勤務制度の拡充などの取組みを行ってきました。2017年度も全てのメンバーが将来のキャリアを自律的に描け、マネージャー層はその成長を期待・支援する、 そのようなサイクルが回り続ける組織への進化に向けた取り組みを展開していきます。

リクルートジョブズ
従業員一人ひとりの多様な働き方の実現に向けて

リクルートジョブズでは多様な働き方を目指して、働き方変革に取組んでいます。2016年度は、従業員が自らの理想の働き方を考え、現状を見つめ、よりリアルな課題を解決していくことを目的に、全社で組織ごとに「働き方ミーティング」を実施しました。このミーティングを通じて挙がってきた声を受けて、新たな働き方への挑戦や時間当たりの生産性向上施策等、組織ごとに注力するテーマを決めて推進しました。
例えば、「ムダな会議を削減することで、よりクライアントに向き合う時間を創出することができた」という声が挙がってくるなど、取り組みの成果が現れ始めています。また、各組織では解決できないテーマについては検討ボードに接続を行い、全社として変革に向けた取り組みを行っています。
場所に捉われない働き方の手段として、2016年度よりフィジビリティスタディを実施している「リモートワーク」についても、今期は全社にて本格導入を行いました。今後も、より多様な働き方の実現を目指し、新たなチャレンジをし続けていきます。

スタッフサービス・ホールディングス
もっと働きやすい、働き続けたい会社へ

ダイバーシティ推進施策の一つを"働き方改革"とし、2014年に部門横断で働き方改革に取り組む「エスカラ委員会」を発足し、2017年度で4期目になります。2016年度は、働き方マネジメント改革をテーマに、各部門から選出された部長が、モデル部署として、1年を通し業務改善や風土改革を行い、ナレッジを創出。年度末に発表会を行い、全社へ横展開しました。結果、労働時間削減や有給休暇取得率については、3期連続で改善。これらの取り組みを着実に積み重ねながら、生産性高く働く中で、より高い価値を社会に還元できる組織を目指し、これからも挑戦し続けます。

リクルートスタッフィング
"多様な働き方"の実現に向けて

2016年10月、任意団体work with Prideが策定した、企業のLGBTなどの性的マイノリティに関する取り組みの評価指標「PRIDE指標」において、「ゴールド」を受賞いたしました。管理職向けや採用担当者向けの社内研修や、メールマガジンでの情報発信などを通じて、全ての人が「自分らしく働く」ためのサポート体制づくりに取り組んでいます。
また、2017年度から生産性向上・顧客満足度向上を目的として、外勤職のリモートワークをスタートしました。今後も引き続き、場所に捉われない働き方を促進していきます。

リクルート住まいカンパニー
「多様な個」の成長支援と、働きやすい環境の実現に向けて

ウェイとして掲げている「個の尊重」を実現するために、まずは「多様な個」である従業員の成長を支援するダイバーシティを目指しています。2015年度より、その環境の土台づくりのため「時間当たり価値」を高めることに注力し、働き方変革を実現してきました。2016年度は従来の取り組みに加え、リモートワークの全社導入を開始。また、「価値」をさらに高めるために、必要な管理職のマネジメントスキルアップや従業員一人ひとりのスキルアップに向けて、組織長ワークショップ、ビジネスカレッジ強化、管理職向けワーキングマザー理解研修などを実施することで、成長支援や環境整備に取り組んでいます。2017年度は新たに部活動を開始し、ますますの社内のコミュニケーションの活発化と働きやすさの実現に向けて取り組む予定です。

リクルートマーケティングパートナーズ
働き方変革の次なる挑戦 ~育ボスブートキャンプ、男性育児休暇必須化などダイバーシティ&インクルージョンの加速~

2016年度は、前年度に引き続き働き方変革を推進してきました。リモートワークなどを中心とした生産性向上に加えて、次なるステージとしてダイバーシティ&インクルージョンに挑戦しています。

  • 管理職が「育児をしながら働く」体験をする「育ボスブートキャンプ」
  • 「男性育児休暇(連続5日以上)」の取得必須化
  • 家族をオフィスに招く「ファミリーデー」の開催

などの新しい取組みを開始。従業員がお互いのワーク・ライフスタイルを応援しあい、生活者としての視点も持つことでカスタマーの不や想いを見つけ、新たな価値創造をしていくことを目指しています。2017年度もさらに、私たちのありたい姿である「人生に、拍手があふれる世界を。」を、社内からも実現していきます。

リクルートライフスタイル
「100人100通り」。より多様性を認め合う組織を目指して

2016年度は、あらためて現状を正しく把握するため、社内のワーキングマザーとコミュニケーションを取り、「仕事と育児の両立における課題」の把握に努めました。そこで出てきた3つの課題として、①キャリアに関する悩み、②復職時の不安、③こどもが病気になったときのサポートについて取り組むことを決めました。
①に関しては、先輩社員の仕事のしくじりや、成長ポイントを包み隠さず掲載し、勇気やヒントを得てもらうロールモデル紹介サイト「COLORS」を作成。現在、141人が登場しています。②は、復職時のフローの大幅変更を実施。まずダイバーシティ担当部署が復職予定者と会い、本人の希望を聞くことに加えて、そもそものミッショングレード(職務等級)の考え方などをまとめ、上長に伝えていく形式にしました。③は、今期、病児保育料のサポートをスタートします。

リクルートコミュニケーションズ
「男性育児休暇取得の必須化」「若手女性向け育児インターンの実施」など、具体的施策を推進

「多様な人材の活躍支援」と「多様な働き方の実現」の2軸でダイバーシティを推進しています。「多様な人材の活躍支援」の一環として、2016年度に男性の育児休暇取得を必須化。男性が育児・家事を経験することで理解が進み、将来に亘って家庭内での育児・家事の分担が進むことが、働く女性の活躍促進につながると考えています。
また、若手女性従業員向けの育児インターンを実施。ライフイベントを迎える前の若手女性が、実際に育児を体験することで、将来の見えない両立不安の払しょくが実現できると考えています。「多様な働き方の実現」を目指し、リモートワーク、オフィスのフリーアドレス化も進めています。

リクルートアドミニストレーション
働き方変革を推進。女性従業員の4人に1人がワーキングマザーとして活躍中

リクルートホールディングスと協働して、昨年度より「働き方変革」を推進しています。従業員の平均年齢が36.3才と育児世代が多く、女性従業員の4人に1人がワーキングマザーという中、全従業員を対象にしたリモートワーク制度の導入、オフィスのフリーアドレス化、サテライトオフィスの設置などによって、多くの従業員から「働き方の選択肢が増えた」など定量的にも定性的にも良い結果が現れています。今後も従業員がいきいきと活躍できる組織の実現を目指し、様々な試みに挑戦していきます。

リクルートテクノロジーズ
IT エンジニアの「働きやすさ」 を追及する「おかえり制度」

「おかえり制度」は、勤続1年以上の従業員のうち、家庭のやむを得ない事情(配偶者の転勤・出産・育児・介護)を理由に退職した従業員を対象とする再雇用促進制度です。
「育児に専念したい」「家族の介護が必要」などの事由はもちろん、「配偶者の海外転勤に同行したい」といった多様なライフスタイルに即した、性差にこだわらない制度利用を期待しています。会社とのつながりを保つため、この制度の利用者には、定期的に会社情報の提供も続けていきます。

両立支援施策

高い成長意欲を持ちながらも保育環境が整っていない従業員が、安心して職場復帰を行えるよう、2008年1月に本社であるグラントウキョウサウスタワー内に事業所内保育園「And's(アンズ)」を開設しました。
運営にあたっては「人の成長、自発性、コミュニケーションを大切にする」「多様性、スピード、フレキシビリティを重視する」というリクルートグループらしさをコンセプトとしています。
設置後は育児休職者の復職率が向上し、女性社員に占めるワーキングマザー率も増加。2017年4月時点では女性社員の22.7%と、約5人に一人がワーキングマザーとなっています。また、フレキシブルな育児支援のニーズに対応するため、ベビーシッターの法人契約も行っています。

社外との関わり・評価

2017 J-Winダイバーシティ・アワードを受賞

特定非営利活動法人ジャパン・ウィメンズ・イノベイティブ・ネットワーク(略称:NPO法人J-Win)が主催する『2017 J-Winダイバーシティ・アワード』において、「企業賞アドバンス部門 大賞」を受賞しました。
『J-Winダイバーシティ・アワード』とは、企業におけるダイバーシティ&インクルージョン(以下D&I)を加速することを目的として、D&I推進に取組む先進企業を表彰するものです。
当社はこれまで、2008年と2014年に企業賞大賞、2013年と2016年に準大賞、2016年は個人賞においても経営者アワードを受賞しており、今回は2014年以来3度目の大賞受賞になります。

2017年度の受賞における評価のポイントなど、詳細はこちらをご覧ください。

経済産業省「ダイバーシティ経営企業100選」に選定

経済産業省が実施する「ダイバーシティ経営企業100選(平成25年度)」に選定されました。これは、様な人材を活かし、その能力が最大限発揮できる機会を提供することで、イノベーションを生み出し、価値創造につなげる「ダイバーシティ経営」により成果を上げている企業を表彰する制度です。

2006年からのダイバーシティ推進の取組みの結果、ワーキングマザー率が当初の約2.5倍になるなど、仕事と育児を両立している女性従業員の増加や、新たなライフステージに立った女性が変革を起こした結婚情報誌の事例等、ダイバーシティ推進の経営効果が出ていることが評価されました。

ダイバーシティ経営企業100選についてはこちら(経済産業省のページに飛びます)

内閣府が推進する「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言に賛同

リクルートホールディングスでは、内閣府が推進する「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」の行動宣言に賛同し、女性従業員のさらなる活躍を推進していくことを表明しました。
今後も多様な個が持つ能力を最大限発揮できる社会の実現に向け、ダイバーシティの推進を加速させていきます。

詳細はこちら(113 KB)をご覧ください。

「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言ホームページ(内閣府男女共同参画局)


※上記文中にある"国内主要企業"は下記の企業を指します。

■グループ本社
 リクルートホールディングス

■主な事業会社7社
 リクルートキャリア
 リクルートジョブズ
 スタッフサービス・ホールディングス
 リクルートスタッフィング
 リクルート住まいカンパニー
 リクルートマーケティングパートナーズ
 リクルートライフスタイル

■主な機能会社3社
 リクルートコミュニケーションズ
 リクルートアドミニストレーション
 リクルートテクノロジーズ

PICK UP

Join us on Recruit Social