リクルートグループのサービス

一覧を見る
リクルートグループ
サステナビリティ
ガバナンス

リクルートグループ倫理綱領(第8条~第13条)

2014年06月12日
株式会社リクルートホールディングス

  1. 第8条 (業務と責任の明確化)

    私たちは業務を進めるにあたり、顧客や協力関係者との間の業務分担、責任の所在を明確にします。
    私たちは顧客や協力関係者との間で確実でない事柄について約束すること等は行いません。あいまいな約束をすることで顧客や協力関係者に迷惑をかけることのないよう常に留意します。したがって、相互の業務分担や責任の所在等については明確に理解・合意されていなければなりません。

  2. 第9条 (企業内容の適正な広報)

    私たちは社会の一員として活動するために、私たちの考え方や活動および商品の内容を正確に社会に対して広報していきます。

  3. 第10条 (人権の尊重と差別の排除)

    私たちは個人の人権を尊重します。したがって、不当な差別行為を助長する行為は行いません。

  4. 第11条 (働きやすい職場環境の確保)

    私たちは相互信頼と良識のある職場環境作りに努めます。
    私たちは職場における差別、暴力的行為、セクシュアル・ハラスメント、パワーハラスメント等の人権侵害行為を排除します。

  5. 第12条 (反社会的勢力との絶縁)

    私たちは社会から批判を浴びる反社会的勢力とは断固として関係を持ちません。

  6. 第13条 (地球環境保護や公共活動への積極的な取組み)

    私たちは地球環境を保護することが、事業の継続的存続の基盤であることを認識し、リサイクルを始め地球環境保護活動に積極的に取り組みます。
    私たちは地域社会と共存していくために、一市民として積極的に公共活動に参加します。


Join us on Recruit Social