リクルートグループのサービス

一覧を見る
リクルートグループ
サステナビリティ
ガバナンス

市場の動向

HRテクノロジー事業

引き続き成長が見込める米国オンライン求人メディア市場

現在、主にマネタイズを行っている米国のオンライン求人メディア市場は、GDP成長率とほぼ連動しています。米国経済は、個人消費の増加を背景に緩やかな景気拡大が続いています。今後もこのトレンドが継続することが見込まれており、米国オンライン求人メディア市場も成長が期待されています。

米国GDP(実質)

メディア&ソリューション事業

住宅分野

「新設住宅着工戸数」は回復基調

住宅市場の市況を表す指標のひとつである「新設住宅着工戸数」は、2017年3月期は前年同期比5.8%増の97万4,137戸となりました。同指標は、2014年4月に行われた消費税率引き上げ前の駆け込み需要の影響により2014年3月期に伸長した反動で、2015年3月期は前年同期比5期ぶりの減少となりましたが、2016年3月期以降は増加トレンドにあります。

新設住宅着工戸数・前年同月比

結婚分野

婚姻組数は減少傾向である一方、挙式費用は引き続き高水準で推移

業界の市況を表す指標として「国内の年間婚姻組数(婚姻組数)」と「1組のカップルが挙式・パーティなどに費やす費用(挙式費用)」があります。出生率低下の影響も受けて婚姻組数及び披露宴実施組数は年々緩やかな減少傾向にあり、今後も同様の傾向が続くと見込まれますが、挙式費用は近年増加が続き、現在も高い水準です。このような市場環境のなか、業界では、ユーザーの多様化するニーズにマッチした施設の新規出店やサービス開発などが進み、市場の活性化が図られています。

年間婚姻組数と挙式・披露宴・披露パーティ総額

旅行分野

訪日外国人客数は過去最高。客室稼働率・宿泊単価は上昇傾向

2016年は、前年に比べて大型連休などの日並びが悪かったことや熊本地震、天候不順などの影響により、延べ宿泊者数は前年比で微減しました。しかし円安の影響などに伴う訪日外国人延べ宿泊者数は継続して増加傾向にあり、調査開始以降最高となりました。また、国内宿泊施設の稼働率は引き続き上昇傾向にあり、宿泊単価も緩やかな上昇が続いています。

このような市場環境のなか、当社グループがサービスを提供しているオンライン旅行予約市場はインターネットの普及なども受けて拡大傾向にあり、成長が継続するものと予想されます。

年間述べ宿泊者数

飲食分野

外食市場は縮小傾向である一方、集客・予約市場は継続的に成長

長引く景気低迷や消費者の節約志向の高まりを背景に、ここ数年の外食市場規模は横ばい傾向でしたが、2017年3月期は東名阪圏域計で調査対象となった人口、延べ外食回数、外食単価のいずれの指標も前年同期を下回りました。

日本の人口が緩やかに減少していることを踏まえると、市場規模は長期的に緩やかに縮小していくことが予想されますが、インターネットの普及や予約サービスの充実などにより、インターネットによる集客・予約市場は継続的な成長が見込まれています。

外食市場規模

美容分野

オンライン美容予約市場は今後も拡大傾向

理美容関連サービス全体の市場規模が2兆円程度で推移するなか、オンライン美容予約市場は、インターネットの普及のみならず、「ホットペッパービューティー」のインターネット予約サービスの推進によって拡大傾向にあります。特に2010年以降はインターネット予約率が上昇しており、今後も拡大余地が大きく残された市場と考えられます。

理美容関連サービス市場

国内人材募集分野

有効求人倍率は高位安定し、人材採用市場は継続的に拡大

日本の人材採用市場のトレンドを図る指標である「有効求人倍率」は国内の景気に影響されます。足元の市場環境は堅調な状況が続いており、一時的な景気変動に連動したトレンドの上下はあるものの、今後も2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでは基本的には追い風の状況が続くと見ています。2018年3月期第1四半期(2017年6月)末における有効求人倍率は1.51倍と、市場の拡大が続いています。

有効求人倍率

人材派遣事業

国内派遣領域

国内の人材派遣市場は緩やかな拡大傾向が継続

国内における人材派遣事業は、「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護などに関する法律」(労働者派遣法)に基づく事業であるため、法規制などの見直しの影響を受けるという特性があります。国内の労働市場においては、すでに派遣という労働形態が一定程度浸透していることから、GDP成長率などのマクロ環境に連動する傾向にあります。国内派遣市場の状況を示す派遣社員実稼働者数は、直近14四半期連続で前年同期比100%を超える実績で推移しています。

派遣社員実稼働者数(平均)前年同月比

海外派遣領域

世界の人材派遣市場の規模は40兆円程度

世界の人材派遣市場の規模は40兆円程度であり、そのうち7割以上は成熟国で構成されるなか、海外各国における人材派遣市場は、国内と同様、各国のGDP成長率などマクロ環境に連動した推移が見込まれます。

また、世界の労働市場における人材派遣浸透率の平均は1.6%、当社の主な事業展開地域である米国は2.2%、欧州は1.9%、豪州は3.7%となっています。

人材派遣の市場規模

PICK UP

Join us on Recruit Social