リクルートグループのサービス

一覧を見る
リクルートグループ
サステナビリティ
ガバナンス

IRポリシー

IR活動方針

当社は、資本市場参加者(株主・投資家・アナリスト等)をはじめとするあらゆるステークホルダーに対し、当社グループの経営成績や経営方針、事業戦略、重要な経営指標等の企業価値評価や投資判断に資する情報を適時性、公平性、正確性等をもって情報開示することを、IR活動の基本方針としております。
したがって、国内外の機関投資家やアナリストの取材対応や決算説明等を通じて、資本市場参加者とコミュニケーションを行う機会を充実させるほか、IRサイト等を活用し、投資判断に資する重要な情報の積極的な開示に努めてまいります。

適時開示等に関する基本姿勢

当社は、金融商品取引法やその他法令、東京証券取引所が定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則等」に基づき、適時適切な情報開示を行うほか、投資判断に影響を与えると思われる重要な情報についても、積極的な開示を行うことを基本姿勢としております。

適時開示体制図

IR活動沈黙期間

当社では、決算情報の漏えいを防ぎ、情報開示の公平性を確保することを目的に、決算発表日前の4週間をIR活動の沈黙期間として設定しております。この期間中は、決算に関する質問への回答やコメントは控えさせていただきます。ただし、この期間中に適時開示等に該当する事実が発生した場合には、適時適切な情報開示を行います。

PICK UP

Join us on Recruit Social