リクルートグループのサービス

一覧を見る
リクルートグループ
サステナビリティ
ガバナンス

業績予想の修正に関するお知らせ

2016年07月27日
株式会社リクルートホールディングス

当社は、本日開催の取締役会において平成28年5月13日に公表した平成29年3月期(平成28年4月1日~平成29年3月31日)の通期連結業績予想を下記のとおり修正することといたしましたので、お知らせいたします。

1. 平成29年3月期 通期連結業績予想数値の修正(平成28年4月1日~平成29年3月31日)

売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 1株当たり当期純利益
前回発表予想(A) 百万円
1,690,000
百万円
121,500
百万円
126,500
百万円
61,500
円銭
108.90
今回修正予想(B) 1,830,000 117,000 122,000 74,000 131.03
増減額(B-A) 140,000 △4,500 △4,500 12,500
増減率(%) 8.3 △3.7 △3.6 20.3
(平成28年3月期) 1,588,623 114,032 119,336 64,535 114.28
  • (ご参考) EBITDA 平成29年3月期通期 223,000百万円(前回公表値より6,000百万円増)
  •     調整後EPS 平成29年3月期通期 220.45円
  •     EBITDA:営業利益+減価償却費+のれん償却額

  • (注1) 調整後EPS:調整後当期純利益/(期末発行済株式数-期末自己株式数)
  • (注2) 調整後当期純利益:親会社株主に帰属する当期純利益±調整項目(非支配株主帰属分を除く) ± 調整項目の一部に係る税金相当額
  • (注3) 調整項目:企業結合に伴い生じたのれん以外の無形固定資産及びのれんの償却額±特別損益

2. 修正の理由

平成28年6月1日及び同年6月16日に公表いたしましたとおり、当社は欧州で人材派遣事業を行う※USG People B.V.(以下、「USG社」)を子会社化いたしました。当期においては、USG社の半期(6か月)分の業績寄与を見込むことから、売上高及びEBITDAは前回発表予想値を上回る見通しとなりました(対前期実績比:売上高 15.2%増、EBITDA 10.3%増)。また、営業利益及び経常利益については、USG社の子会社化に伴い、のれん及び無形固定資産の償却が新たに発生することより、前回発表予想値を下回る見通しとなりました(対前期実績比:営業利益 2.6%増、経常利益 2.2%増)。

一方、当社は、本日別途公表いたしました「子会社の異動(株式譲渡)に伴う特別利益の計上に関するお知らせ」に記載のとおり、当社子会社の株式譲渡による特別利益の計上を見込むこと等から、親会社株主に帰属する当期純利益は前回発表予想値を上回る見通しとなりました(対前期実績比:14.7%増)。

※ USG People N.V.は平成28年7月22日にUSG People B.V.へと社名変更いたしました。

上記の通期連結業績予想には、本資料の発表日現在の将来に関する前提や見通し、計画に基づく予想が含まれております。これらの将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその達成を約束するものではありません。当該予想と実際の業績の間には、経済状況の変化、クライアントのニーズ及びユーザーの嗜好の変化、他社との競合、法規制の変更、為替変動等、今後の様々な要因によって大きく差異が発生する可能性があります。

以上


PICK UP

Join us on Recruit Social