リクルートグループのサービス

一覧を見る
リクルートグループ
サステナビリティ
ガバナンス

新たな事業の開始に関するお知らせ

2016年08月24日
株式会社リクルートホールディングス

当社は、本日開催の取締役会におきまして、下記のとおり、新たな事業の開始を決議しましたので、お知らせいたします。

1.事業開始の趣旨

当社グループは、本事業年度において、当社グループの各サービスを利用するユーザー向けに、スルガ銀行株式会社と提携した個人客向け金融サービス(平成28年5月26日 サービス開始)やメガバンク3行を中心とした複数の金融機関にオンラインで一括で住宅ローンの事前審査を依頼できるウェブサービス(平成28年8月18日 サービス開始)などのユーザー向け金融サポートサービスを相次いで開始いたしました(これらのサービスすべてを総称して、以下「リテール向け金融サービス」という。)。

一方で、当社グループは、国内事業におけるクライアント基盤を強化するために中小企業向け業務支援サービスを積極的に展開しており、それら中小企業の事業資金需要に対応できる融資サービス(以下「法人向け金融サービス」という。)の可能性についても検討を続けておりました。

この度は、それらの検討において一定の目途が立ったことから、当社は、当社グループの新規事業としての中小企業向けの融資事業(以下「本事業」という。)を開始することを決議いたしました。

本事業を推進するに当たりましては、当社メディア&ソリューションSBU内に、新たに金融サービス推進室を設置し(平成28年10月1日に正式発足の予定)、リテール向け金融サービスと法人向け金融サービスの両者を包括的に検討推進していくことといたしました。さらに、法人向け金融サービスにおきましては、中堅・中小事業者が事業機会・成長機会を公平に得られる社会を創造し、地域経済の発展に寄与することを理念として、成長投資意欲の高い中小企業の事業資金需要をサポートする融資事業の可能性を検討するために、当社の完全子会社として株式会社リクルートファイナンスパートナーズを設立し、貸金業登録を申請しております。

2.新たな事業の概要

本事業は、当社グループの保有するトランザクションデータ(商取引データ)とその他の様々なデータを活用し、オンライン完結型の融資事業を展開できるサービスプラットフォームを作り上げ、融資の申込み・審査・入金の全てのプロセスにおいてスピードを重視した事業展開を目指しております。

さしあたり当初の3年間は、本事業の本格稼働に向けてのあらゆる事項の検証期間と位置づけ、実際の融資業務を開始しながら、同時にデータ収集や市場調査も行っていく予定です。また、本事業の検証及び本格稼働に向けては、既存の金融機関や様々なFintech(金融とテクノロジーの融合)企業とも積極的に提携を検討してまいります。その一環として、平成28年8月8日付で株式会社インフォマートとの間で協業検討開始に関する基本合意書を締結いたしました。

3.日程

(1)取締役会決議日 平成28年8月24日
(2)事業開始期日 平成29年夏頃(予定) 
※ 事業開始に向け必要な行政等手続きやシステム基盤の整備中

4.今後の見通し

本事業開始後の当初3年間は本格稼働に向けた検証期間と位置付けているため、本事業の開始が当社の平成29年3月期の連結業績に与える影響は軽微です。

【ご参考】株式会社リクルートファイナンスパートナーズの概要(平成28年8月24日現在)

(1)名称 株式会社リクルートファイナンスパートナーズ
(2)所在地 東京都中央区銀座7-2-6
(3)代表者の役職・氏名 代表取締役 小川安英
(4)事業内容 貸金業(貸金業登録を申請中)
(5)資本金 2,500万円
(6)設立年月日 平成28年7月4日
(7)大株主及び持株比率 株式会社リクルートホールディングス 100.0%
(8)上場会社と当該会社との間の関係
資本関係 当社が100%出資する完全子会社であります。
人的関係 当社の従業員3名が当該会社の取締役に、当社の従業員1名が当該会社の監査役に就任しております。
取引関係 該当事項はありません。

以上


PICK UP

Join us on Recruit Social