リクルートグループのサービス

一覧を見る
リクルートグループ
サステナビリティ
ガバナンス

国際財務報告基準(IFRS)の任意適用に関するお知らせ

2017年02月13日
株式会社リクルートホールディングス

当社は、本日開催の取締役会におきまして、平成30年3月期から当社グループの連結財務諸表及び連結計算書類について、従来の日本基準に替えて国際財務報告基準(以下、IFRS)を任意適用し、平成30年3月期第1四半期からIFRSに基づき開示を行うことを決定しましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.任意適用の目的

当社グループはグローバルでの事業展開を積極的に推進しており、今後展開を更に加速させるためには、グループ経営管理の基盤強化を図るとともに、資本市場における財務情報の国際的な比較可能性・利便性向上が必要であると考え、この度、IFRSを適用することといたしました。

2.今後の開示スケジュール(予定)

IFRS移行に基づく開示スケジュールは、以下のとおりです。

平成29年5月 平成29年3月期決算短信及び連結計算書類(日本基準)※
平成29年3月期連結業績についてのIFRSによる参考数値
平成29年6月 平成29年3月期有価証券報告書(日本基準)
平成29年8月 平成30年3月期第1四半期決算短信(IFRS)
平成29年8月 平成30年3月期第1四半期報告書 (IFRS)

※平成30年3月期連結業績予想についてはIFRSで開示

以上


PICK UP

Join us on Recruit Social