リクルートグループのサービス

一覧を見る
リクルートグループ
サステナビリティ
ガバナンス

当社株式公開に向けた進捗について

2014年08月08日
株式会社リクルートホールディングス

お知らせ

昨今、当社の株式公開に関する報道がなされておりますので、現時点での状況についてご報告致します。

当社は、この秋の株式公開を目指して既に東京証券取引所に上場申請を行い、現在日本取引所自主規制法人において審査をして頂いております。

なお、当社としては、審査は順調に進捗しているものと認識しておりますが、株式公開についてはあくまでも東京証券取引所の上場承認等が前提となりますので、現時点で確約されたものではありません。

本日の公表は、金融審議会の報告を受けた企業内容等開示ガイドラインの改正(※)により、当社の株式公開の現時点での状況をお伝えできる環境が整ったとの認識に至ったため行うものです。

※企業内容等開示ガイドラインの改正
昨年12月の金融審議会『新規・成長企業へのリスクマネーの供給のあり方等に関するワーキング・グループ』の報告を受け、金融庁により企業内容等開示ガイドラインの改正案が6月30日に公表されました。

本発表文は一般への情報提供を目的とするものであり、当社の株式その他の有価証券の勧誘を構成するものではありません。また、本発表文は、米国における証券の売付けの勧誘又は買付けの申込の勧誘を構成するものではありません。当社普通株式は1933年米国証券法に従って登録がなされたものでも、また今後登録がなされるものでもなく、1933年米国証券法に基づいて証券の登録を行うか又は登録の免除を受ける場合を除き、米国において証券の勧誘又は売付けを行うことはできません。 米国における証券の公募が行われる場合には、1933年米国証券法に基づいて作成される英文目論見書が用いられます。その場合には、英文目論見書は当社又は売出人より入手することができます。これには当社及び当社の経営陣に関する詳細な情報並びにその財務諸表が記載されます。なお、本件においては米国内で公募を行うことを予定しておりません。

PICK UP

Join us on Recruit Social