リクルートグループのサービス

一覧を見る
リクルートグループ
CSR
ガバナンス

第31回 ワークス大卒求人倍率調査(2015年卒)

2014年04月24日
株式会社リクルートホールディングス

仕事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)の人と組織に関する研究機関・リクルートワークス研究所では、1984年から大卒求人倍率を算出しております。このたび、2015年3月卒業予定者の大卒求人倍率に関する調査結果がまとまりましたので、ご報告いたします。

求人倍率は1.61倍と、前年1.28倍より大幅に上昇

求人数は、300人未満企業で+44.5%、建設業で+38.0%と大幅増加

来春2015年3月卒業予定の大学生・大学院生対象の大卒求人倍率は1.61倍と、前年の1.28倍より+0.33ポイントと大幅に上昇した。全国の民間企業の求人総数は、前年の54.4万人から68.3万人へと13.9万人増加した(対前年増減率は+25.6%)。一方、学生の民間企業就職希望者数は、前年42.6万人とほぼ同じ水準の42.3万人であった(対前年増減率は-0.6%)。

従業員規模別求人数の対前年増減率は、300人未満企業において+44.5%(前年は-1.4%)と大幅に増加した一方、5000人以上企業においては+5.0%(前年は-5.4%)と微増にとどまる。

業種別求人数の対前年増減率は、すべての業種において2ケタの伸びを示し、建設業は+38.0%と大幅に増加した。求人倍率は建設業は5.61倍(前年より+0.84ポイント)となっている一方、金融業は0.22倍(前年より+0.04ポイント)となった。特に建設業においては、新卒採用のみならず正規社員の中途採用においても採用難が続いている。

求人総数および民間企業就職希望者数・求人倍率の推移

求人総数および民間企業就職希望者数・求人倍率の推移

本件の詳細はこちらよりご覧ください

Join us on Recruit Social