リクルートグループのサービス

一覧を見る
リクルートグループ
CSR
ガバナンス

ワークス採用見通し調査(新卒:2016年卒 中途:2015年度)

2014年12月11日
株式会社リクルートホールディングス

仕事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)の人と組織に関する研究機関・リクルートワークス研究所では、民間企業における2015年度の採用の見通しに関する調査を行い、4,618社(回収率67.1%)より回答が得られましたので、ご報告いたします。

※本データは、民間企業における、2016年卒の新卒採用および2015年度の中途採用(正規社員に限定)を対象としております。

来年度の採用見通しも、新卒・中途ともに増加 人手不足はさらに拡大へ

2016年卒者の新卒採用見通し(大学生・大学院生)

  • 2016年卒対象の大学生・大学院生の新卒採用見通しは、「増える」が14.0%、「減る」が5.3%と、「増える」が「減る」を上回り(+8.7%ポイント)、2015年卒(+7.8%ポイント)に引き続き、大学生・大学院生の新卒採用数は増加する見通しである。
  • 従業員規模別に見ると、どの従業員規模においても「増える」が「減る」を上回っている。

2015年度の正規社員の中途採用見通し

  • 2015年度の中途採用見通しは、「増える」が13.0%、「減る」が4.0%と、「増える」が「減る」を上回り(+9.0%ポイント)、2014年度(+5.9%ポイント)より増加傾向が一段と高まっている。
  • 飲食サービス業、建設業などの人手不足が顕著な業種や情報通信業では、「増える」が「減る」を大きく上回っている。

採用見通しの経年比較

  • 過去の採用見通し調査の「増える―減る」のポイントを比較すると、大学生・大学院生の新卒採用見通しは5年連続プラスである。高校生の新卒採用見通しは2年連続プラスである。
  • 正規社員の中途採用見通しの「増える―減る」のポイントは4年連続プラスであり、2015年度(+9.0%ポイント)はリーマンショック直前の水準(2007年度、+8.3%ポイント)を超える水準に達している。

調査概要

調査目的:全国の民間企業を対象に、新卒・中途採用における求人動向を明らかにすること。

【2014年調査】

調査対象:従業員規模5人以上の全国の民間企業6,882社

調査項目:2014年度の新卒・中途採用状況 2015年度の新卒・中途採用見通し

調査期間:2014年10月9日~11月7日

回収社数:4,618社(回収率67.1%)

回収方法:電話・FAXにて回収

リクルート ワークス研究所について

リクルートワークス研究所は、1999年1月に設立された、株式会社リクルートホールディングスの中にある「人」 と「組織」に関する研究部門。

<設立目的>

リクルートグループの中・長期人材ビジネスの基礎研究。「人材マネジメント」や「労働市場」における情報発信・提言活動の推進。

本件の詳細はこちらよりご覧ください

Join us on Recruit Social