リクルートグループのサービス

一覧を見る
リクルートグループ
サステナビリティ
ガバナンス

リクルート、世界最大のデータサイエンティストコミュニティ"Kaggle"と日本企業初の共催となるデータ予測コンペティション「RECRUIT Challenge - Coupon Purchase Prediction」開催を決定

2015年07月16日
株式会社リクルートホールディングス

IT・トレンド
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄、以下リクルート)の人工知能(AI)の研究機関であるRecruit Institute of Technology(以下、RIT)は、世界最大のデータサイエンティストコミュニティであるKaggle(https://www.kaggle.com)において、日本企業として初の共催となるデータ予測コンペティション「RECRUIT Challenge - Coupon Purchase Prediction」を開催いたします。

1. 本件の目的、Kaggleについて

Kaggleは世界で最も大きなデータサイエンティストのコミュニティであり、企業や研究者がデータを提供し、Kaggleコミュニティに所属する世界194ケ国、30万人以上のデータサイエンティストや研究者が最適モデルを競い合うコンペティションの運営を行っています。コミュニティには、物理/生物/化学/経済/金融/数学/統計/コンピュータ科学などの幅広い領域の研究者が所属しており、Kaggle上で実施されるコンペに毎日2,500人以上が参加しています。また、コミュニティのフォーラムでは新しい解析手法やアルゴリズム、分析のTipsなど毎日200以上の投稿がされており、データサイエンティストがスキルやナレッジを身につける学習の場にもなっています。

リクルートは、グローバル規模のAI研究を進め産業界と生活者を結びつける「No.1のマッチングサービス」を実現し、生活者一人ひとりのポジティブな行動を支援するために、2015年4月1日よりAI分野の研究所として新生RITをスタートさせました。その取組みの一環として、今回Kaggleコミュニティに所属するグローバルのデータサイエンティストおよそ30万人と協働し、データ予測によるマッチングサービスの提供に挑戦していく予定です。その第一弾となる取組みとして、株式会社リクルートライフスタイルの運営する割引チケット共同購入サイト『ポンパレ』におけるカスタマーのクーポン購買予測をテーマに、本日より9月末までの約2ヶ月半の間コンペを開催致します。

RECRUIT Challenge

2.「RECRUIT Challenge」開催概要

本件の詳細はこちらよりご覧ください

PICK UP

Join us on Recruit Social