リクルートグループのサービス

一覧を見る
リクルートグループ
CSR
ガバナンス

中国における日系企業の求人動向レポート2015年12月分「2015年1-12月の累計求人数は前年比2%減。中国経済の減速影響が続く」

2016年02月17日
株式会社リクルートホールディングス

仕事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)の100%子会社であり、中華人民共和国(以下、中国)で人材紹介事業を展開する現地法人 RGF HR Agent 中国(中国語法人名:上海艾杰飛人力資源有限公司 本社:中国上海 総経理:中下 真)は、このたび、同社が取り扱う中国大陸の求人情報に基づき、日系企業を中心とする2015年12月の求人動向をまとめました。

※RGF HR Agent Groupは中国をはじめとした11の国と地域、26の都市に展開し、日系企業・現地企業・多国籍企業に対する人材紹介事業を展開しています。

■中国大陸における日系企業の求人動向

業界別月間求人総数の増減の推移

※一部の企業の業界区分を変更したため、業界別の前年同月比(%)を、2014年12月分まで遡及して変更しています。

業界別月間求人総数の増減の推移

月間求人総数の推移

月間求人総数の推移

RGF HR Agent 中国 総経理 中下 真のコメント

2015年1-12月の累計求人数は前年比2%減。中国経済の減速影響が続く

当社が取り扱う12月の求人数は、前年同月比17%減の604件となった。前年同月比減は、統計開始以来初の6カ月連続。この結果、2015年通年の累計求人数は前年比2%減の9,167件となった。2015年上期は前年同期比で求人数が拡大したものの、下期に入ってから日系企業の人材需要は停滞を続けている。年明け以降も中国経済の先行き不透明感が払拭されないことから、人材採用における日系企業の慎重な姿勢は当面継続しそうだ。

2015年12月については、前年同月比で求人数の減少が大きい業界は次のとおり。

「商社/貿易」では、技術系人材に対するニーズが安定している一方、営業職で求人数が減っている。市場の状況を踏まえ、日系企業が営業職の新規採用に慎重になっている様子がうかがえる。「建築/不動産」は不動産投資の低迷が続き、人材採用においてもマイナス基調からの脱却は足踏み状態。下期通算でも求人数は前年同期比半減となった。「サービス」では、広告・メディア関連企業で底堅さが見られたものの、コンサルティング業では、新規進出企業数の停滞を背景に引き続き求人数が伸び悩んでいる。

RGF HR Agentについて

RGFロゴ

リクルートグループが展開する、アジアを中心とした人材紹介事業です。
日系企業の海外進出を人材採用面からサポートするべく、2006年に中国へ進出し、2009年にRGF(Recruit Global Family)ブランドを立ち上げました。現在、11の国と地域、26都市に展開し、日系企業のみならず多国籍企業や現地企業へのサービス提供を強化しています。
世界規模での人材流動化がより一層進むなかで、私たちは企業と個人のより良いマッチングを実現し、グローバルNo.1のHRソリューション企業となることを目指します。

URL: http://www.rgf-hragent.asia/

日系人材紹介会社最大の拠点網:11の国と地域、26都市

日本、中国大陸、香港、台湾、シンガポール、インド、ベトナム、インドネシア、フィリピン、マレーシア、タイ

幅広い人材層に対応:経営幹部から新卒採用まで
日系企業のみならず多国籍企業・現地企業にもサービス提供

日系企業にとどまらず、多国籍企業や現地企業に対して、経営幹部の採用サポート、若手~中堅のミドルマネジメントの転職支援、アジア名門大学の学生を日本企業に紹介する新卒採用サービスまで、幅広い層の採用を実現するサービスを提供しています。

本件の詳細はこちらよりご覧ください

Join us on Recruit Social