リクルートグループのサービス

一覧を見る
リクルートグループ
サステナビリティ
ガバナンス

シェアする

保存する

【中編】厚切りジェイソンが物申す。日本の若者が人生を楽しむためのスキル。

グローバル , グローバル人材 , ビジネススキル , マネジメント , リーダーシップ , 働き方 , 子育て , 教育

文:鈴木貴視 写真:斉藤有美

IT企業役員×お笑い芸人として、大活躍中の厚切りジェイソン。独自の視点から、人生を楽しむための心構えとスキルを語る!

日本人が当たり前だと感じている文化や考え方に対し、アメリカ人の視点から疑問をぶつける漢字芸で大ブレイクを果たした厚切りジェイソン。IT企業役員×お笑い芸人など多分野に渡って活動する自身だが、Twitterにおいて24万人のフォロワーと展開されている人生相談も話題に。この度、それらをまとめた初著書『日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy』が発売。

まさに人生を楽しんでいるジェイソン氏に、日本の若者に向けて人生を楽しむために必要な心構えとスキルを聞き出す本企画。前編では、自分で決断して失敗することで、強い自分が作られると語っていただいた。中編では、人生の幸せを掴むための "人生を楽しむ秘訣"についてインタビュー。

― ジェイソンさんの活動や発言を見ていると、心から人生を楽しんでいるように思うのですが。

うん、毎日とても楽しいよ!

― IT企業の役員と芸人を同時になさっていますが、二足のわらじについて「人生でより成長するためには当然のこと」と捉えていますよね。

日本には、ひとつのことだけをやり続けなければいけない、という考え方が強いように感じるんです。それは決して悪いことではないけれど、そもそも"人間=仕事"ではなく"人間=人間"だと思う。だから、本業とか副業とか定義する必要もなくて、自分はこれが好きだからやっている、ということで良いんじゃないかな。僕はビジネスもお笑いも家族も全て好きだからやってるだけ。

厚切りジェイソン

― ビジネスマン、芸人、父親、それぞれ使い分けたりしているんですか?

どのジェイソンも一緒ですね。ITの仕事現場でも家族と話している時も、なるべく笑いを取ることを考えているから(笑)。

― 例えば、芸人の経験がビジネスの現場に活かされることもあるのでしょうか?

あります。トーク力とかプレゼンテーションのスキルとか。昔は会議で発言する時も緊張していたけれど、今は人前で話すことも仕事になってしまった。なので、自分が伝えたいことを上手に伝えられるようにはなったと思います。

― 逆に、ビジネスマンとしての経験がお笑いの現場で活かされることもあるのでしょうか?

それもあります。トーク番組とかワイドショーのような社会ネタを扱う番組に出演することもあるので、ビジネスの現場での経験とか知識は活かされます。だから、ビジネスマンと芸人、両方やっていて良かったと思いますね。

― 仕事に対する評価のされ方に関して、ビジネスマンと芸人とで違いはありますか?

会社組織は年功序列の風潮が強いけれど、芸能界は実力主義かもしれないですね。もちろん上下関係は厳しいですが、若手でも面白ければテレビに出られますから。いずれにしても、自分が好きなことをやり通すというスタンスは変わらないです。

― ひとりの人間として好きなことをやる。そういったジェイソンさんの考え方や生き方に共感する人たちが、頭に入れておくと良いことがあれば教えてください。

やればいいじゃん(笑)。

― 仰るとおりなんですが(笑)。まさに「やりたいことに向かって好きなことをやる」ことが幸せだと論じていますが、そもそもやりたいこと自体が見つからない人が増えていますよね。どういった部分がそのような問題を生んでいると考えてますか。

その質問もTwitterで毎日のように送られてきますが、それに対しての回答が4万回くらいリツイートされているんですよ。

これ、予想以上に反響が大きかったので固定ツイートにしました。このことが示すように、やりたいことが見つからない理由は、やっぱり周りに合わせないといけない状況があるからだと思います。まずひとりひとりが、周りに合わせなくていい、と思うことが大事ですよね。

― 少し話は代わりますが、著書の『Why16』で書かれている「ストレスを実感しようとしている」という文章が面白いな、と。

ストレスって意識しなければあまり気にならないはずなんですが、みなさんあえてストレスを感じようとしているんじゃないかって思う。例えば、対人関係においても「自分は上手く人付き合いしているんだ」という風に感じたいように思えるというか。

― どういう部分を見て、そう思ったのでしょうか?

SNSはちょっと危険だと思ったんですよ。美味しいもの食べているところとか贅沢な旅行に行ったエピソードとか、自分の一番いい姿をアップする人が多いでしょ? それを仕事中とかに見て、自分もこういう生活をしたいのに出来ていない......とストレスを感じる。でもそれって、他人の良い部分と自分の悪い部分を勝手に比較しているわけだから、実際は何の公平性もないんですよ。他人と自分は違うのに、勝手にギャップを感じて、勝手にストレスを感じるという。

― 先ほどのお話にもあった「周りと合わせろ」ということにも繋がってきますよね。

とにかく、みんな他人の目を気にしすぎ! 他人と比較することをやめれば、ストレスが無くなるどころか、結構な幸福感を得られるはずですよ!

― ストレスの話でいえば、最近リクルートワークス研究所が「働くマザー」のストレス調査を行ったんですね。その中で、プライベートと仕事が複雑に絡み合ってストレスになっている、といったような結果も出ています。例えば、仕事をしながら育児も行うことで自分の時間が無くなる、という。

自分の時間が無いということ自体も、自分で勝手に決めているように思うんですよ。例えば、5分間だけでも自分のことを考えてみる。それだけで、自分の時間は作れたことにはなりませんか? つまり、5分でも1時間でも1日でも、ちゃんと意識して自分のことを考えるということ。みんなストレスを感じることのほうに意識を向けているから、自分のことを忘れちゃうんじゃないかな。

厚切りジェイソン

― そういった中で、「人生を楽しむ」にはどうすれば良いでしょうか。会社や国のサポートも必要かと思いますが、個人でも出来るような日常的に役に立つ考え方があれば教えてください。

ストレスを感じることが嫌ならば、すぐにやめればいいんじゃない? もし仕事そのものがストレスだけど辞められないという場合は、好きなことをやるために早く終わらせてしまえばいい。そうすれば、自分の時間も作れますよね。それと、自分が頑張ったかどうかは、自分が決めればいい。そうすれば、他人に何を言われようが、他人が幸せようにしていようが、気にならなくなりますから。

― ジェイソンさんは、どういう時にストレスを感じますか? 地方の営業では移動時間が長くて疲れる、ということもおっしゃっていましたが。

基本的にストレスは無いですよ。移動や待ち時間が長くても、その時間を使って別の仕事が出来ますから。ただ、僕が嫌だなと思うことって、Twitterで理不尽に暴言を吐かれたり、自分ではコントロールが出来ないようなことですね。

― そういう時はどうしているんですか?

相手にしないというか、そもそも意識しないようにしています。

― 自分でコントロール出来ること・出来ないこと、それを判断するのは難しいですよね。例えば、既に決められている会社の仕組みとかルールというのは、自分ではコントロール出来ないものだったりするので。

その場合は、そういう状況を何とか変えようとする前提で考えたり行動すれば有効的なものになると思うんです。でも、どうしてもコントロール出来ないと分かっていることは、そもそも考えることもしない。つまり、コントロール出来ることだけを考えるようにする。僕はそうしています。

厚切りジェイソン

― 実際、自分が好きなことをやるために動き出した場合、楽しさの反面で、楽しくなくてもやらなければいけないことも出てきますよね。そういった「一瞬の楽しみ」と「大きな目標」の矛盾をどう捉えていけば良いと思いますか?

好きなことをただ楽しむことも大事ですが、それだけになってしまうと長続きしないかもしれません。なので、本当に大切なことは、目標を達成するためやらなければいけないこと、それをどう楽しむかを考えることだと思います。

― そう考えると、人生そのものが楽しくなりますね。人それぞれ「幸せ」の形は違うとは思いますが、ジェイソンさんの捉える「幸せ」とは、どういうことでしょうか?

自分のやりたいことをやって、それが結果的に仕事になればそれもまた幸せですよね。でも、自分のやりたいことが仕事でやれなくても、仕事以外の部分でやればいい。最初にも話したけれど、やっぱり"人間=仕事"ではなく"人間=人間"だと思う。だから、人間として、自分の好きなことをやるのが「幸せ」なんだと思います。

あつぎりじぇいそん

厚切りジェイソンが物申す。日本の若者が人生を楽しむため、「今」必要な心構えとスキル。

  1. 前編
  2. 中編
  3. 後編

プロフィール/敬称略

あつぎりじぇいそん

1986年生まれ、アメリカ・ミシガン州出身。17歳の時に、飛び級でミシガン州立大学へ入学。その後、イリノイ大学アーバナ・シャンベーン校へ進み、エンジニアリング学部コンピューターサイエンス学科修士過程終了。IT企業役員として働きながら、2014年10月お笑い芸人としてデビュー。芸歴5カ月で『R-1 ぐらんぷり2015』決勝進出。現在は、テレビ、ラジオ、CM、舞台などで活躍中。

『日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy』

『日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy』

著者:厚切りジェイソン/1,296円(税込)/発行・発売:ぴあ株式会社
BOOKぴあ」 全国書店、ネットショップなどで発売中。

この記事に興味を持つ方は、他にもこんな記事を読んでいます

最新記事

PICK UP

Join us on Recruit Social